アメリカで銀行口座を作るなら

PR | 羽村市で素敵な注文住宅を建てるなら |

アメリカ留学を格安でする方、プレゼンテーションの基礎講座を現地で受ける方、もしくは半蔵門の骨盤矯正をおすすめされた渋谷のコワーキングスペースでの起業経験を活かして働くという宇都宮で気管支喘息の治療ができる循環器内科に入院する方、タヒボ茶の飲み方を知りたい方も、アメリカで銀行口座を持つことになりますよね。
水戸市の薄毛治療口コミNo.1のクリニックで五反田のエステサロンの口コミを聞いたのですが、留学の場合は、それが必要ないこともありますが、持っていると、いざという時に便利です。

そんなアメリカでの銀行口座の作り方ですが、いくつか必要なものがあります。

まずは、あなたが持っているアメリカ滞在資格のあるビザ(観光ビザ(ESTA)はだめです)とパスポートです。
自分がどこの国の人間で、きちんとアメリカに法律に触れず滞在しているということを証明するためです。

後は、ソーシャルセキュリティー番号ですが、これは、就労資格を持っている人しか持てないので、ITIN番号があればそれを、どちらもない場合には、そのまま銀行に行ってみましょう。

この番号がない場合、日本のクレジットカードが必要になる場合があります。
クレジットカード本体と、クレジットカードが本当に使えるものであるかどうかというのがわかるよう、近日中の明細があればそれでよいのですが、ない場合、ネットでチェックできるようにしておきましょう。
銀行のパソコンを使ってチェックされることがあります。

さらに、あなたがアメリカのどこで住んでいるのかということがわかるように、家に届いた電気屋ガス、水道などの請求書の紙(ネット画面からプリントアウトしても大丈夫です)を持って行きましょう。
それが、あなたがここにちゃんと住んでいるという証明になりますし、メーリングアドレスとなるので、銀行からもここに書類等が届きます。

日本のように印鑑文化はないので、そういったものをもっていく必要はありませんが、請求書関連や、パスポートや現地の運転免許などのIDを持参しなければいけません。

1つでも漏れがあると口座が作れなくなってしまいますから、何が必要か最初に銀行に確認をとってから準備していくと無駄を省けます。

また、最低でも1500ドルは常に口座に入れておかないと、数ドルの罰金のようなものが加算されるのも要注意です。

PR|お家の見直ししま専科住宅リフォーム総合情報工務店向け集客ノウハウ英語上達の秘訣生命保険の口コミ.COM生命保険の選び方ゴミ屋敷解消Q&Aカウンセリングのお悩み解決サイト新築一戸建てを建てる時に読むサイトマーケティング経営研究.net